上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
世界自然遺産の屋久島に行ってみたい、癒されたいけど......休みが取れない....

屋久島は離島であるため遠くに感じる。などなど色々ありますが、

ここでは、屋久島モデル最短観光日数を紹介致します。
本当はゆっくり大自然を満喫して頂きたいのですが、あえて書いてみようと思います。

鹿児島からのフェリーでの所要時間は以下のとおり。
トッピー(高速フェリー)125分
フェリー屋久島Ⅱ   約240分

そんなに遠くない事が判明です!!
東京からでも最短で5時間程あれば十分に到着できます。

こちらは飛行機便!!直行で屋久島に行けるのでとても便利です。
大阪(伊丹)ー屋久島
福岡ー屋久島

お時間が少ない方の観光方法はいかに自由に動ける旅行を選択するかが鍵です。

絶対にレンタカーを借りましょう!!
以下、理由はこちら!!!

屋久島の交通方法はバスかレンタカー移動になります。

●2人以上でバスを使うならレンタカーを借りた方が安いです。
●バスは本数も少なく時間を気にしなければならないので、屋久島にいる時くらい時間を気にしたくないですね。
●自由に時間を使えるのが一番メリット、行きたい場所にいつでも行ける。
●一周約100Kmの島には大きな滝、渓谷、キレイな海、があり他にも絶景が楽しめます。渋滞の無いドライブを楽しみたいですね◎

以上の事で、レンタカーを借りた方が良い事が明確です。島中 わナンバーが走ってる風景は屋久島ならではです。

私のおすすめのレンタカー屋さんは、格安で宿泊可能な車内装備・車中泊レンタカーキャンゴーレンタカー(CamGo)さんです。
寝具の無料貸出しもやってるので、登山口の無料駐車場で寝れば宿代金と時間の節約になります。
しかも、キャンプチェアー、テント、キッチン用品の無料貸し出し(要確認)もやっているのでとっても便利!!
屋久島は民宿素泊まり3、000円~3,500円なのでとてもリーズナブルだと思います。
軽自動車や普通自動車をレンタカーして登山口駐車場で車中泊をしている方をお見かけしますが、こちらのレンタカー屋さんがオススメです。是非、使ってみてはいかがでしょうか(*^^*)
http://camgo-yakushima.sakuraweb.com/

必ずみなさんが行く観光名所は四カ所あります!!

★縄文杉へのトレッキング
★白谷雲水峡
★ヤクスギランド

★屋久島島内一周ドライブ
(所要4時間 一周 約100Km)

四カ所の観光スポットは屋久島観光するほとんどの方が行かれる場所になります。

屋久島を最短日数で観光するためのポイントをまとめてみました!?

体力を考えながら、プランを作る

これが一番大事です。人間体力には限界があります!!

以上を参考に以下、屋久島の最短観光プランを作ってみました。

Day 1  
・移動 → 午後14時フェリーで屋久島着。
・レンタカーを借りる。
ヤクスギランドを観光。コースは30分 50分 80分 150分があります。(私のおすすめは80分コースです)
・時間に余裕がある方は島の西側から見れるサンセットはとてもキレイなのでオススメです。
・その後、一日の疲れを屋久島で有名な平内海中温泉 or 湯拍温泉などの天然温泉で ゆっくりしたいですね。

Day 2
体力に自信のない方向けプラン
縄文杉登山に行きましょう!!
トロッコ道を歩く荒川登山口から行く場合はしっかり前日にフェリー乗り場などでバスチケットを購入して        置きましょう。荒川登山口はレンタカーでは行けません( ;∀;)。。。 所要往復約5~7時間
早めに帰って来られましたら、そのまま島内一周ドライブしてみましょう。
有名な屋久シカや屋久猿が西側の通りにはたくさんいますので注意して下さいね。

●体力に自信のある方向けプラン(私は走ったりは自信がありませんが、こちらのコースも大丈夫でした)
白谷雲水狭登山口から縄文杉を見に行きましょう。レンタカーで駐車場まで直接行けます。
  朝の人が少ないうちに屋久杉を目指しましょう!!途中の太鼓岩も絶景です(私の場合所要往復約9時間)

Day 3
●体力に自信のない方向けプラン
・朝から白谷雲水狭に行きましょう。駐車場は混み合う日も多いため、早めに行く事をお勧めします。
折角レンタカーを借りたのだから、観光客の少ない朝一番の朝霧に包まれている『もののけの森と苔』を堪能したい所です。雲水狭の奥に太鼓岩という名所があります。絶景なのでオススメです!!所要3時間~4時間
 お昼にレンタカーを返却後、帰路(^^)v

●体力に自信のある方向けプラン
主要観光スポットは行きましたので、朝から朝日をみてお昼まで島内一周ドライブ!!
お昼にレンタカーを返却後、帰路(*^^*)

以上が屋久島旅行最短日数です。

時間がある人はこのプランを参考に休憩日を入れたりして、予定を組んで頂けたら幸いです。

屋久島はとても時間がゆっくりしています。手付かずの大自然も太古の昔から未だに守られています。

日本の世界自然遺産第一号をこれからも観察しながらみんなで守っていきましょう。           


スポンサーサイト
2014.08.10 Sun l 屋久島 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://camgocampervan.blog.fc2.com/tb.php/9-50ab6669
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。